兵庫『 ロービジョンサポートフェア 』

2016年3月12日(土)、中山記念会館にて、神戸アイライト協会様主催の『ロービジョンサポートフェア』に出展致しました。

写真1 展示会場&相談会場

天候に恵まれ晴天で、会場には約140名の方が来場されました。福祉機器関係企業7社が出展しました。遮光眼鏡、拡大読書器、ルーペ、ブレイクストーク、テレビが聞けるラジオ、音声読書器、白杖を展示し、大変盛り上がっていました。

個別年金相談、見えない・見えにくい事に関する相談、便利グッズ販売、音声パソコン体験も行われていました。

写真2 iPad体験
iPad体験

写真3 TVが聞けるラジオ
TVが聞けるラジオ

写真4 音声読書器
音声読書器

写真5 白杖
白杖

東海光学ブースには約20名のお客様が遮光眼鏡をお試しにお越しくださいました。

新商品の遮光調光レンズ『CCP AT』、好評頂いているオーバーグラス『ビューナル』の新サイズなど展示致しました。

写真6 東海光学ブース

遮光調光レンズを体験したいと立ち寄られ、実際に2名の方に屋外で濃度変化の時間や掛けて室内に入る際の見え方を体験して頂きました。お付添いの方にも同様に体験して頂きました。

「室内用の薄いカラーで屋外でまぶしいのではないかと思ったが、まぶしくないのでビックリした」
と感想を頂きました。

お客様の中には、遮光眼鏡が補装具の申請対象だとご存知ない方もみえましたので、ご案内をさせて頂きました。

◎遮光眼鏡を購入する際、国からの公的なサービスを受けることができる場合があります。
詳しくは、EyeLife『遮光眼鏡申請基準』ページをご覧ください。

展示会では、遮光眼鏡についての効果や機能の説明だけでなく、販売先や補装具申請について等、普段疑問に感じている事、知っておくと役に立つ情報もご案内させて頂いております。

今回も多くのお客様にご来場頂き、有難うございました。

展示会では、遮光眼鏡を装用したまま会場内を歩いて頂くことや、会場の外に出ての屋外体験も可能です。

今回のように遮光調光やヴェルジネ・ビューナルなどフレームに入った状態でお試しできる機会も他では少ないかと思いますので、ぜひ今後開催の展示会へお気軽にお越しください。

お待ちしております。